So-net無料ブログ作成
- | 次の10件

とんだろくろくび [百鬼徒然箱]


「ろくろくび」には2つのタイプがあるのを
ご存じだろうか?


伸びるタイプと
飛ぶタイプだ


首がにょろりと伸びて人なんかに絡みつくタイプは
わりとポピュラーだが
首がすっぽりと抜けて飛び回るタイプは
中国の妖怪 「飛頭蛮 ・ ひとうばん」 から由来した
という言い伝えもある


江戸時代
薄暗がりをふわふわと飛んでいく女の生首に
遭遇した武士が思わず刀を抜いて追いかけたところ
女の生首はとある民家にすうっと入っていった
民家の戸を叩くと生首とそっくりの顔をした女が出てきて
さっきまで刀をふりかざした武士に追いかけられる夢を見ていたと
恐ろしそうに話したという
(なんと鮮明な幽体離脱!)


また
空飛ぶ生首は耳を翼のようにはばたかせていたとか
(まるで薄気味悪いダンボだw)


はたまた
首の抜けた身体を移動してしまうと首は帰る場所を見失い
首の持ち主は死んでしまうとか
(地図の読めない首だw)


それと
「ろくろくび憑き」の人の首のまわりには
うっすらと輪のようなアザがあったというから
心配になった方は一度鏡で確認してみるといいかもw


首が伸びるタイプの話としては
自分の身体の一部が伸びたり縮んだりするように感じてしまう
「不思議の国のアリス症候群」という疾患があるらしいが
(メルヘンな呼び名ではあるがw)


科学的医学的見地から様々な考察がなされている「ろくろくび」は
つっこみどころ満載の楽しい妖怪だw


ところで
江戸時代の妖怪絵師である鳥山石燕は
「飛頭蛮」と題して首が伸びるタイプを書いているが
これは単純な勘違いなのか?


まあ
「飛頭蛮」のほうが字面がカッコイイので
自分も使っているのだが



**********



飛頭蛮 (ろくろくび)



必ず戻る
と言って

わたしの胸の
真ん中に
あなたが閉じた
ドアは

痛みを
縁取ったままで
再び開くことは
ないのでしょう








あなたを待ちすぎました

わたしの断ち切れぬ想いは
あの日の

あなたの後姿を
飲み込んだドアに
縋りついたっきりで

身体だけが
狂おしく軋みながら
いくつもの夜を
越えて来たのです






長く伸びすぎた
青白いうなじに
ほのかな色が灯ることは
あるのでしょうか



nice!(0)  コメント(0) 

呪 じゃなくて祝! 100鬼! [つぶや鬼]


去年の10月27日から
書き連ねてきた「百鬼四行詩」が
今日で100編となった


「詩集 百鬼繚乱」
http://www.interq.or.jp/rock/nonya/hyakkiryouran.html


なんと110日間で100編!
取り憑かれていたとしか思えないような
ハイペースだったw


d_blog47.jpg


当初はほとんど冗談で
「どうせだったら100書こうかなぁ?」
などとほざいていたのだが


実際に100書いてしまうと
意外と呆気なかったような気もする


そこそこの達成感はあるが
それより変てこなモチベーションを
ここまで保ち続けた自分に
少し呆れ返っているw


100が終わったからといって
まさか妖怪「青行燈」が
今夜あたり出るなんてことはないだろうが


詩画集「百鬼繚乱」が完成するまで
先日入手した晴明神社のお守りと式神さんは
肌身離さず持っていようと思うw


d_blog46.jpg



nice!(0)  コメント(2) 

五芒星 [つぶや鬼]


五芒星 (ごぼうせい) ってのは
学生の頃、授業がつまんない時なんかに
ノートの端っこに半ば無意識で描いていた
あの一筆書きの星のことだが


実はこのお星様は
古代中国の陰陽五行説と深い関わりがある


陰陽五行説で万物の元素とされている
木、火、土、金、水、を
お星様の五つの先っちょに時計回りに配置すると
それぞれの元素の相関関係図が出来上がる


「木」は燃えて「火」を生み出す
「火」は燃え尽きると灰になって「土」になる
「土」の中で鉱物(金属)の「金」が得られる
「金」が結露することによって「水」が生じる
「水」が育むことによって「木」は成長する
「木」は燃えて~
って感じで仲良く循環してる


隣り合った先っちょを結ぶと五角形になるけど
この五角形で表わされる関係が
相生(そうしょう)と言って生かし合う関係になる


逆に


相対する先っちょを星型にそって結んでいくと


「木」は「土」から養分を分捕る
「土」は「水」を通せんぼする
「水」は「火」を消しちゃう
「火」は「金」つまり金属を溶かす
「金」たとえば斧は「木」を切り倒す
「木」は「土」から~
って感じで殺伐としたシーンが繰り返される


この星型で表わされる関係が
相克(そうこく)と言って打ち消し合う関係になる


まあ、こじつけと言ってしまえばこじつけだがw
今でもこの相関関係図は暦や占いや風習の中に
根強く残っているのも事実だ


僕達は半ば無意識に
とんでもない落書きをしていたんだなあと
改めて思ったりw


ところで
五芒星といえば「清明桔梗」
あの大陰陽師安倍清明のシンボルマーク☆
陰陽道では魔除けの呪符として伝えられ
清明神社の神紋となっている


写真は
先日、清明神社に参詣した知人から送られてきた
嬉しくて有難い品々である


d_blog37.jpg


御祓串は「左、右、左」と三度振って御祓いすると
家の中の不浄が取り除かれる


d_blog38.jpg


カッコイイ☆がデザインされた紙袋と
お守り(通勤鞄に目立たぬように装着w)
式神のストラップ(式神を具現化したもの)
厄取り紙(皮脂と一緒に厄も取ってくれるという逸品)


僕も鬼(妖怪)の詩をずいぶん書いてきたので
何匹か憑いているんじゃないか、とは思っていたが
これで心置きなく妖怪詩が書ける、はずだw



nice!(0)  コメント(0) 

百鬼繚乱 [つぶや鬼]


先日、池袋のLIBROで
「江戸妖怪かるた(多田克己編、国書刊行会)」
を衝動買いしてしまった


d_blog35.jpg


江戸後期の「妖怪かるた」を復元したカードが
絵札と読み札を合わせて96枚入っており
多田克己氏の解説本までついている
推薦文は、あの京極夏彦氏w


d_blog36.jpg


古びた色合いがどうしようもなく良い
図柄もおどろおどろしいというよりは
むしろ滑稽で笑えるものも多い
(火の玉の中に「心」と書いてあったりw)
やっぱり遊び道具だったんだなあ
ということを実感させられた


まあ
妖怪の半分は滑稽で出来てるんだけどね


「かるた」といえば去年の秋に
無謀にも「妖怪かるた」を作ろうなんて
考えていたんだった


結局
妖怪を「いろは」に振り分けることの難しさと
文字数の少なさの問題で挫折してしまったのだが


せっかくやりかけたのだから
何らかの形で残してやろうと思い直し
現在、四行詩の形で「百鬼繚乱」という
かなり人っぽい(?)妖怪詩を書いている


目指すは百匹制覇!ww
百鬼の「百」は多くのものという意味なのだが
とりあえず区切りもいいしモチベーションも上がるので
「百」を目指すことにした


現在85匹!
(実はこれからが大変なんだけどねw)
ほぼ同時進行で絵師さん達に
素敵なイラストを描いてもらっているから
今年中には画詩集として出版できる
よね?
(と、絵師さんをおそるおそる横目で見るw)




nice!(0)  コメント(0) 
- | 次の10件
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。